新社会人の出費をサポート

社会人になって数年間は、貯金をするのはなかなか難しいものです。
初任給はまだ少ないですが、社会人としてスーツや靴、バッグなどそれなりにきちんとした物を持たないといけません。
お給料は月々の生活費に、ボーナスは洋服代など被服費に消えていくでしょう。
一人暮らしの新生活を始められた方なら尚更家電や家具を少しずつ買い足していくのに時間がかかります。
変わっていく季節に応じた洋服や寝具、冷暖房器具なども必要になってきますので、最初の一年間、お金は出る一方になります。
行動範囲も広くなり知り合いや仲間も増えます。
それぞれのお付き合いがあるので仲間の数だけ出費も増えます。
早い人から順番に結婚の報告もあるでしょう。

 

同時に妊娠出産の知らせもあったりすると、今後良い人間関係を維持する為には出し惜しみはできません。
友人の結婚が続いたり、兄弟が結婚したりした時には10万円単位でお包みが必要だったり、結婚式に出席する自分の衣装も新調する必要があったりします。

 

こんな時できるならば親から無利子で借りられたら良いのですが、お金が足りないことを切り出すのも勇気が必要です。
他に借りられるのは金利の低い銀行がおすすめです。
銀行で融資の申請をするには、勤続年数や納税証明が必要になり、審査も数日から数週間かかるので、急ぎの場合には融資が間に合うかも心配になってきます。

 

銀行よりも高い金利の消費者金融ですが、即日融資されると言うメリットがあります。
インターネットや電話でも申し込みができて、受け取りは自分の口座に振り込んでもらうことができるので誰にも知られずにお金が借りられます。
メリットは即日融資される事だけではなく、最初の数日間利息が無料だったり、長期間借りれば利率が低かったり、高額の融資が受けられたりと会社によって様々なので、自分の返済計画に合う会社やキャンペーンを見つけたらお得に借りられます。
一般に借りる金額が高い程お得になるので、余分に借りてまとめて返済するのも一つの手です。

 

買い物をするときに利用できるクレジットと、現金が必要なときに利用できるキャッシング、カードローンとでは借入利率が違います。
全てをキャッシング、カードローンでまかなう必要はなく、クレジットの方が利率が低ければお祝いの品や自分の衣装代などとして買い物する分をクレジットで、お包みとして必要な現金をキャッシング、カードローンでと上手く使い分けると返済額も少なくなります。
各会社のホームページで融資を受けられるかどうかの診断が簡単に受けられます。

 

生年月日、性別、他社からの借り入れ状況など個人が特定されない簡単な項目を入力するだけですぐに分かるようになっています。
数社そのような診断を受けてみて、借り入れが出来るか調べてみると会社の絞込みになります。
いくら借りたいのか金額をきっちりと割り出し、いつどの収入から返せるのかシミュレーションする事をお勧めします。