銀行が認めたパートナー大手消費者金融

私はネットで買い物をするときに1枚のクレジットカードを利用しています。
そのカードはコンビニエンスストアのポイントカードにクレジット機能が付いたものです。
よく使うネットのお店に登録をして支払いのほとんどはクレジット払いです。
毎月1万円から5万円の買い物をします。
子どもの新学期、新学年、新入学の準備の時やクリスマス、家族の誕生日などプレゼントを沢山買う時には10万円近くなることもあります。
そのカードを申し込んだときはクレジット機能を使う気があまりなかったので、初期設定でリボ払いになっていました。
ネットから支払金額の変更ができるのですが、うっかりすると分割払いになってしまいます。
できるだけローンにはしたくないので、毎月変更して一括支払いをしていますが、たまに物入りな月は最低支払額のリボ払いでしのいだりもしていました。

 

毎回変更するのが面倒なので、コンビニエンスストアで支払い方法の変更の仕方を尋ねました。
こちらに連絡してくださいと教えてもらったのは大手の消費者金融の会社名でした。
消費者金融とは無縁のつもりでいたのですが、こんなに身近に利用していたなんてとても驚きました。
他にも地元銀行からメールでお知らせが届いたとき、「スピードローン30分で即日融資ネットで借りられる」という宣伝が載っていました。
よく読んでみると有名な大手消費者金融の名前も書いてあり不思議に思って銀行のホームページで調べてみると、銀行の補償会社という立場にあることが分かりました。

 

銀行にパートナーとして認められた消費者金融会社なら安心だなと感じました。
もしも現金が必要になった時にどうするか考えてみました。
お金を借りる時、一番利率が低く信頼があるのは銀行で、銀行では様々な生活シーンに合わせたローンがあります。
住宅ローン、教育ローン、マイカーローンなどが多く利用されています。
他に多目的ローン、フリーローンと言う、具体的な使い道を説明する必要のないローンもあります。
申し込みをするには、銀行の融資窓口で相談をするところから始まりますが私はネットで申し込み、書類は郵送でやりとりできる銀行を選びたいです。
申請用紙を記入して本人確認の書類や納税証明、所得証明などを提出します。
金額によっては本人確認の書類だけで済む場合もありますが審査は厳しいので融資を受けられないことも多くあります。
銀行の審査に通らなかったら次に大手の消費者金融に申し込みをします。
銀行よりも利率が高くなりますが、初回申し込みやキャンペーンなどその会社のメリットを上手く利用できればお得に融資を受けることができるようです。

初めて利用する場合5万円まで180日間無利息、5万円以上30日間無利息言う宣伝を見たことがあります。
会社選びのポイントは知名度のある有名な会社を選ぶことと、その中で利率の低い会社から順に審査を受けることです。
目先のサービスに惑わされず、月々いくら返せるかその内いくらが利息で何年で完済するか把握しておくことも必要です。
我が家は子どもが成長期なのでこの先、まとまったお金が要ることが次々にやってきます。
蓄えで足りなかったらどうするか、今からじっくりと考えてみようと思います。